コスト削減に貢献


アメリカの企業が手掛ける正規のCADソフトウェアがあるにもかかわらず、なぜわざわざDWG互換CADを使うのか。その理由としては、正規品の価格の高さにあります。1ヶ月あたり22,000円ほど、1年間で170,000円ほど、3年間で510,000円ほどの購入費用がかかります。期間限定のキャンペーンなどで割安になることはありますが、それでもこの金額ではとても手が出ないと感じる人や事業者は少なくありません。

男性その点、DWG互換CADは正規のCADソフトウェアと比較して低価格で購入することが可能です。これは一例ですが、税込価格52,000円ほどで購入可能なDWG互換CADがあるほどです。正規のCADソフトウェアの場合は1年間で170,000円ほどと使用期限ありでの価格設定になっていますが、DWG互換CADで、先ほどあげた52,000円ほどで購入可能なソフトウェアは使用期限なしのライセンスで導入することが可能です。

これは比較してみると大きなコスト削減になることが浮き彫りになります。たとえば正規品を3年間使用すると510,000円ほどの費用を要しますが、ライセンスなしで導入可能なDWG互換CADでは3年間使っても52,000円ほど。なんと、10倍以上も費用負担に差が生じるのです。CADソフトウェアにかかるコストをカットしたい人、事業者にとってこれは見逃せないポイントといえるでしょう。